子供の頃から野菜を多く食べろと言われていたの情報ページ

子供の頃から野菜を多く食べろと言われていた

野菜を多く食べろ

子供の頃、母親から「野菜を食べろ!」と言われて育った方多いのではないでしょうか。

 

それでもニンジンやピーマンが嫌いで、こっそりと残していた人も多いのでしょう。

 

お肉や卵などは好きだけれど、野菜は苦手と言うのも、わかるような気がしませんか。

 

食べ慣れると食感も変って来るのですが、そこへ辿り着くまでが大変なのことと思います。

 

ですが子供の頃ですと、代謝の量も大きく、動くことが好きなことから、太るには至らないことも多いと考えられるのですが、それが大人になると、仕事が忙しくなり一日中机に向かうことにもなるのでしょう。更に大人になってもカロリーの高いものばかり食べていると、運動不足も重なってくることで、肥満体質になって来ることが考えられるのでした。

 

そこには基礎代謝が落ちているのに、食事の量を減らすことが出来ないと言う悪い習慣が残ってしまっているのでしょう。

 

また完全なる野菜不足も上げられると思います。

 

そのようなことから野菜嫌いも終わりにして、野菜摂取の食事をする必要がありますよね。

 

野菜不足等が改善されない場合、動脈硬化や高血圧になってしまい、更にはこれらの病気から大動脈瘤であり、脳梗塞などの死に至る病気も考えられます。

 

またその病気へ行く前に、ストレスを感じることや便秘にもなってしまうことも考えられます。

 

病気になってしまってから野菜を摂取するようになっても遅いのです。

 

病気になる前、健康な身体の時から野菜を摂取するようにしておきましょう。

冬になると気候が乾燥しますが、夏にニキビが出来るのは分かりますが、私の場合にはニキビが結構冬場に頭皮に出来たりします。顔に出来るニキビなら大きくなったり化膿して...

抜け毛が気になりだすという点ではシャンプーの際に手の平に抜け毛が多くなるという場合が多いと思います。自然に歩いていて抜け毛がポロポロ落ちるという事はまずはないの...

野菜は生の場合には歯ごたえがあり食物繊維が豊富なのでお腹も満たされやすい傾向も関係しているのかもしれません。また野菜といっても普段食べるようなニンジンやピーマン...

後は食物繊維も豊富に含まれており、不足すれば腸の働きが鈍り便秘をしやすくなります。他にも様々な症状や病気を引き起こすことが知られていますが、とにかく野菜を摂取さ...

▲子供の頃から野菜を多く食べろと言われていた 上へ戻る

子供の頃から野菜を多く食べろと言われていた page top