ブンデスリーグは日本人選手が比較的多い

1部や2部に問わず日本人選手は結構いる

1部

結構日本人プレーヤーが行きやすいリーグに一番なんているのではないかな?というのがブンデスリーグの特徴だと今は思うのですが、活躍したあとにどこに移籍するのかというとドイツ国内では一番選手層が厚いバイエルンかここ最近結果を残してきているドルトムントになると思います。

 

ブンデスリーグからまた海外リーグに行くというのも良いですよね。

 

一番観客動員数が多いのがドイツの大きな特徴でイタリアのインテルとかほとんど観客がまばらな時もあるので、ドイツ国民自体がかなりサッカーに注目していてサッカーを愛しているのではないでしょうか。

 

最近では一部でのプレーにこだわらず2部でもプレーしている選手は増えてきているようです。またベルギーリーグでプレーしている選手が増加しているため、ドイツでプレーしている選手は以前に比べると増えなくなってきている感はあります。

▲ブンデスリーグは日本人選手が比較的多い 上へ戻る
ブンデスリーグは日本人選手が比較的多い page top