アミノ酸系シャンプーって何?

アミノ酸系シャンプーって何?

アミノ酸系シャンプー

高級アルコール系と分かれていたりしますが、シャンプーの洗浄成分に違いがあるのはよく言われています。

 

ただ1つのシャンプーに洗浄成分というのは1つではなく、配合されている量に違いがありますが、3種類4種類は使われていて洗浄補助剤なども色々組み合わされています。

 

アミノ酸系シャンプーの場合には実際売られているおよそ3分の1くらいはメインの洗浄成分はオレフィン酸とかの場合もあるかもしれません。しかしアミノ酸系の洗浄成分を少量配合されているので、アミノ酸系という名称で主に広告で見かけることもあります。

 

ドラックストアで販売されているネットでも高級アルコール系と呼ばれてしまうシャンプーもアミノ酸系洗浄成分が含まれています。

 

価格が安いタイプの高級アルコール系シャンプーでも、メインは高級アルコール系で多いラウレス硫酸Naが配合されていますが、アミノ酸系もココイルグルタミン酸などが配合されていることが多いです。

 

かといってアミノ酸系が多く含まれているかというとそうではなく、アミノ酸系洗浄剤をメインにしたシャンプーに比べると非常に少ないと言えるかもしれません。

 

海外の方が硬水と呼ばれている地域もありますが、泡立ちが悪いため、日本で販売されている高級アルコール系のシャンプーよりも泡立ちが悪く、より洗浄力が強い場合も多そうです。

 

日本人男性よりも皮脂が多い場合もあるようですが、水質の関係などもあるのかもしれないですね。アミノ酸系シャンプーはやはり質の違いはあれど価格は同じ傾向があるので、しっかり選びたいところです。

▲アミノ酸系シャンプーって何? 上へ戻る
アミノ酸系シャンプーって何? page top