白髪染めは種類はどんなのがあるの?の情報ページ

白髪染めの種類について

白髪染めの種類

白髪染めはトリートメント以外にも種類は豊富です。色々ありますので具体的に分けて紹介してみたいと思います。どれも一長一短あるのでお好きな方法などで活用して頂ければ幸いです。

 

 

ヘアマニキュアタイプの白髪染め

髪の傷みが少ないタイプがヘアマニキュアの大きな特徴です。

 

またカラーの様に内部まで浸食しない分染まりにくく、色落ちしやすいというデメリットはありますが、髪の表面だけを染めていくので髪のダメージが少ないと言うメリットがあります。その為髪がパサつかず、広がりを抑えやすいというメリットがあります。また白髪を染めると色合いが不自然になりにくいと言うメリットはあります。

 

ただ色落ちなどが速いので繰り返し行うと髪がダメージを追っていくので良質なシャンプーやトリートメントを使用して行くと良いでしょう。またシリコン入りシャンプーだと染まりにくいので染める前と染めた後の1週間はノンシリコンであり、できるだけコーティング剤が含まれていないシャンプーを使用して行くと良いでしょう。

 

 

ヘアカラータイプのタイプ

ジアミン系が多く1剤と2剤を混ぜて使用する事が多いですが、縮毛矯正に似ていてメラニン内部の色素を分解すると言う面が似ていてしっかり染まるのが魅力ですが、髪のダメージが激しく、若干違和感のある染まり具合があるというのがデメリットです。

 

また頭皮につけると脱色剤と同じように刺激が強いので頭皮が赤くなったり痒くなる事もあります。そのためパッチテストを行う事が大切です。

 

また色落ちしにくい特徴がありますが、色が落ちてくると若干赤みがある退色をしていく特徴があります。シリコンでコーティングされている髪だと最初に染料が入りずらいので少し時間をかけて行うと染まりやすくなります。

白髪染めは種類はどんなのがあるの? 記事一覧

白髪染めは種類はどんなのがあるの? 先頭へ戻る